エコキュートとガス給湯器を徹底比較!効率とコストの違いを解説

公開日: 2024/02/15 最終更新日: 2023/09/15

?

エコキュートとガス給湯器、どちらが効率的で経済的な選択なのでしょうか?この記事では、エコキュートとガス給湯器の違いについて徹底的に解説します。エネルギー消費や設置費用、環境への影響など、重要なポイントを比較検証。あなたの暮らしに最適なお湯の供給方法を見つけましょう。

エコキュートとガス給湯器の違い

エコキュートとガス給湯器は、お湯を供給するための異なる方式を採用しており、それぞれに特徴的な違いがあります。

まず、エコキュートは自然冷媒ヒートポンプ給湯器として知られ、電気を使用して空気から熱を抽出し、お湯を生成。これに対して、ガス給湯器はガスを燃焼させて水を加熱し、お湯を供給します。

そのほかの違いには、初期コスト、光熱費、サイズ、水圧、寿命、飲用水、安全性、補助金などが挙げられるでしょう。エコキュートの初期コストは一般的に高い傾向がありますが、長期間にわたって運用すると光熱費の面で優れたコストパフォーマンスを発揮します。

一方、ガス給湯器は初期コストが低く、即座にお湯を供給できる利点がありますが、光熱費が高いことが一般的です。

サイズの違い

サイズに関しては、エコキュートは貯湯タンクを必要とするため、設置スペースが必要になります。

一方、ガス給湯器はコンパクトで設置が比較的容易です。水圧については、エコキュートは一般的に低く、ガス給湯器の方が高い水圧を提供します。

寿命の違い

寿命については、どちらも10年以上使用できることが一般的です。

飲用水に関しては、ガス給湯器は一般的に飲用水として安全ですが、エコキュートのお湯は飲用には適していません。安全性については、ガス給湯器はガスの取り扱いに注意が必要で、火災のリスクがある一方、エコキュートは電気を使用し、火災のリスクが低いとされています。

補助金の違い

補助金については、エコキュートの方が多くの場所で補助金制度が充実しています。

ガス給湯器の方は省エネ性能が高いエコジョーズなどに対して一部の補助金が提供されることもありますが、エコキュートの方が一般的に補助金が豊富です。

ガス給湯器からエコキュートへの交換は可能

ガス給湯器からエコキュートへの交換は、現実的に可能な工事です。

エコキュートはエネルギー効率が高く、環境に優しい給湯システムとして注目されています。ガス給湯器からエコキュートへの切り替えを考える際には、いくつかのポイントに注意が必要です。

専門業者に依頼

交換工事には専門の業者が必要で、一般的には10万円から20万円程度の費用がかかるのです。

この費用には、既存のガス給湯器の撤去、エコキュートの設置、配管工事、電気工事、リモコンの設置などが含まれます。具体的な金額は住宅の条件やエリアによって異なりますので、専門業者に見積もりを依頼することが大切です。

スペースや土台が必要

エコキュートの設置には特定のスペースや土台が必要です。

既存のガス給湯器とは異なる寸法や設置条件を考慮する必要があります。地盤の状態や設置場所によっては追加の工事が必要となることもありますので、業者との打ち合わせが不可欠です。

電気工事が必要

エコキュートは電力を使用するので、電気工事が欠かせません。

電源の確保や配線工事が必要となりますが、これも専門業者による作業となります。

エコキュートを設置するメリット

エコキュートを設置する際には、さまざまなメリットとデメリットを検討することが重要です。

まずは、エコキュートを設置するメリットについて詳しく説明します。

光熱費が安くなる

エコキュートの最大のメリットは、光熱費が安くなることです。

夜間電力を使用するため、電気代を節約できます。ガスよりも経済的です。

地球にやさしい

エコキュートは、大気中の熱と電気を組み合わせてお湯を生成するため、二酸化炭素の排出が少なく、環境に優しい選択です。

地球温暖化防止に貢献します。

災害時の安心

電気や水道が止まった際でも、貯湯タンク内にお湯があれば、非常用水として利用できます。

また、電気の復旧が早いため、災害時にも頼りになるでしょう。

補助金が出る場合もある

国や自治体によっては、エコキュート導入に対して補助金が提供されることがあります。

これにより、導入費用を削減できるでしょう。

エコキュートを設置するデメリット

エコキュートの導入を検討する際には、これらのメリットとデメリットをバランスよく考慮し、自身の生活スタイルや予算に合った選択をすることが大切です。

将来的な光熱費の節約や環境への貢献を考え、検討を進めましょう。こちらでは、エコキュートを設置するデメリットについて詳しく説明します。

初期費用が高い

エコキュートの導入には高い初期費用がかかります。

ガス給湯器に比べて導入費用が高いため、予算に余裕が必要です。

設置場所の制約

エコキュートはヒートポンプユニットと貯湯タンクを広いスペースに設置する必要があり、設置場所に制約が生じます。

適切なスペースを確保する必要があるでしょう。

お湯切れの心配

お湯を大量に使用する場合、貯湯タンク内のお湯がなくなる「お湯切れ」が発生する可能性があります。

機種選びに注意が必要です。

まとめ

エコキュートとガス給湯器を比較すると、エコキュートは電力を使って光熱費を節約し、環境に優しい選択肢です。ただし、初期費用が高く、設置スペースやお湯切れのリスクがある点がデメリットといえます。しかし、補助金を利用したり、機種選びを慎重に検討したりすることで、エコキュートを導入できるでしょう。また、ガス給湯器からの交換も可能なので、今回ご紹介した内容を総合的に考え、自身の生活スタイルや予算に合った選択をしてください。

 

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

太陽光発電などの再生可能エネルギーの普及が高まるにつれ、そのエネルギーを有効に使うための設備にも関心が高まっています。その代表が蓄電池です。蓄電池があれば、夜間でも太陽光発電の電力を有効活用

続きを読む

会社名:株式会社Step House(ステップハウス) 住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-1-12 VORT AOYAMAⅡ7F079-243-1777 TEL:03-6427-

続きを読む

エコキュートはエコな給湯システムとして知られていますが、実は床暖房にも利用可能です。この記事では、エコキュートを床暖房として活用するメリットや導入の要点について詳しく解説します。快適な床暖房

続きを読む

エコキュートとガス給湯器、どちらが効率的で経済的な選択なのでしょうか?この記事では、エコキュートとガス給湯器の違いについて徹底的に解説します。エネルギー消費や設置費用、環境への影響など、重要

続きを読む

エコキュートは家庭での省エネと快適な給湯に欠かせない存在ですが、その耐用年数や寿命は気になる点です。この記事では、エコキュートの一般的な寿命と延長のポイントについて解説します。効果的なメンテ

続きを読む

この記事では、エコキュート設置の費用と工程について詳細に解説します。さまざまな要因によって工事期間と費用が変動する点や、設置前の準備から工事完了までのステップに焦点を当て、読者を本文へと誘導

続きを読む

エコキュートは快適な温水を供給するエコロジカルな選択肢ですが、設置場所は重要な要素です。本記事では、エコキュートの屋内・屋外設置の違いと、適切な設置場所に注意すべきポイントを解説します。正し

続きを読む

電気代を抑えられるとして人気を集めるエコキュート。取り入れる家庭は増えていますが、旅行や出張などで長期間、家を空けるときのエコキュートの正しい扱い方をご存知でしょうか。誤った扱い方は、トラブ

続きを読む

会社名:有限会社サニーシステム 住所:東京都あきる野市二宮1156番地27 TEL:042-559-5472 受付時間:平日8:30~18:00 有限会社サニーシステムは、東京都あきる野市に

続きを読む

エネルギー価格の上昇や太陽光発電の売電価格が下がっているなどの理由から、エコキュートを設置したいと考えている人もいるのではないでしょうか。蓄電池は電気を無駄なく使用したり、非常時にも使えたり

続きを読む